IPL脱毛のしくみと効果について

IPL脱毛とは、インテンスパルスライトの略で、広帯域の光エネルギーを毛根のメラニン色素に働きかけ、毛根を弱らせることによって脱毛を促すという脱毛方法です。照射する威力がレーザーなどよりも優しいため、医師の資格がなくても安全に使うことができるので、エステサロンや脱毛サロンで主に使用されています。この脱毛方法は肌に優しいので、今まで敏感肌などによって脱毛ができなかった人も安心して利用することができます。

 

IPL脱毛の特徴としては、毛のメラニン色素のみに反応するという点があげられます。そのしくみとしては、IPL脱毛で使われる光を吸収した毛が発熱し、タンパク質が熱変化することで脱毛することができます。メラニン色素のみに効果を発揮して、毛や毛根を処理するので、効果がありながらも肌に与える影響は少なく、レーザーでは起きる可能性のあるやけどの心配もなく、痛みや熱さも比較的軽く済みます。また、施術中は、光の照射と停止を繰り返すので、肌の温度もそれほどあがることなく、肌への影響も少ないといえます。

 

またIPL脱毛は肌の表面に生えてきたばかりのムダ毛にも反応します。太くて濃い毛から細くて目につかないような産毛にまで効果があるので脱毛後はすべすべの肌を手に入れることができます。IPL脱毛は肌への負担が少ないことから、ビキニラインやおへそ回りなどの皮膚の弱い部分にも効果的です。脱毛効果が高いので、脱毛後の肌荒れを心配することなく、安心して施術を受けることができます。それではIPL脱毛を受けるにあたっての注意点はどのようなことでしょうか。脱毛効果が高いとはいえ、5回前後の施術を受ける必要があります。さらに肌への負担を軽減し、炎症を避けるために、光の出力をある程度さげることが大切になります。サロン等では出力を下げたものが使用されていますが、乾燥肌の人にはあまり向いていない脱毛法といえます。そのため自分の肌の状態をよく見極める必要があります。